2019-07

船橋ブラストーリー

ep10:予想通りに当たり前のように採用される船橋

僕は、ミナミにきたことがない。 新宿を少ししょぼくした感じだと感じた。 関西人が聞いたら激怒しそうだ。 雑協ビルにある求人部というところに案内され、面接がスタートした。 面接といっても、東京から単身鞄ひとつで出てきた...
船橋ブラストーリー

ep09:シャバに出た男はなけなしのお金を下ろしてカバン1つで西に向かった

シャバに出て、なんとなくフラフラしていた。 バリバリ働こうとは決めていたが、どうもシャバの空気が美味くてそれどころではない。 ただ、1週間もフラフラしてると流石にシャバの空気も普通の味になってくる。 たまたま横浜の知り合い...
船橋テク

船橋テク01:僕にはそれができます

これから披露していく、「船橋の女衒テクニック」の前提知識として 「数字」という圧倒的に紛れのない要素で、勘違いと真実を紹介していきます。 正式なソースがなく、おおよそで申し訳ないですが AV女優の数は約1万人 風俗店のキ...
夜のQ&A

初コメント返し:風俗店スタッフの労働条件に融通は利くのか?について

早速ですが、 このブログを立ち上げて1ヵ月もしないうちに、「お問い合わせ」からご質問をいただきました。 J様ありがとうございます。 こういった、船橋へのご質問に関しては 随時「ツイッター」からのDMやリプで受け付けていま...
船橋ブラストーリー

ep08:留置×裁判+釈放=準備OK

僕は都内のとある警察署の留置場に留置された。 逮捕なんて正直なれっこであったが、成人後の留置は初めてだ。 色々なわけがあり、1週間は独居房だった。笑 留置場での話は、とても濃い話になる。 なので濃い部分は、別編でお届...
船橋ブラストーリー

ep07:資格取得を目指しニートを続ける男は悪を成敗した結果逮捕される

僕は千葉の素敵な1LDKを失い、一人暮らしをしている友人の家に居候を始めた。 たくやの家だ。 たくやは神奈川県、川崎市に住む悪い奴で中学校からの悪友。 船橋は東京都八王子付近出身のシティーボーイだったが、 たくやの住む、...
風俗店良客への道

課外授業:風俗店で女の子に良客だと思われる方法-vol01-

船橋です。 現在連載している「夜の業界における成功物語-船橋ブラストーリー-」とは別に、 番外編も徐々にいろいろと公開していこうと思います。 今回は-良客になりたければvol01-です。 良客になりたければシリーズでは、...
船橋ブラストーリー

ep06:副店長に昇格するも退店し「ミニマリスト」に-そして風俗業界は素晴らしい人材を失い続ける-

突然の出来事で申し訳ない。 僕はあっという間に副店長になった。 そして、退店した。 ※当時の船橋の状況 勤務歴1年・役職・副店長 月収33万・彼女なし。 年齢19。 退店理由は、うーんそうだな。 まず...
船橋ブラストーリー

ep05:風俗店の男性スタッフ求人の嘘と現実-寮のルールと幹部候補-

一部キャストさんに「仕事の出来ない男」としてレッテルを貼られたものの、 デリヘルスタッフとして一ヶ月が経過した。 僕は仕事にさらにのめり込む為に、お店の「寮」に入ることに決心した。 メリットは、職場から近いところに住めるという...
船橋ブラストーリー

ep04:初歩的なミスをやらかした船橋

船橋は順調に風俗街道を歩んでいるかのように見えた。 しかし、初歩的なミスが意外にも大きなダメージに繋がることになる。 雑用的な仕事をこなしながら、新たに与えられた仕事 それは・・・ 女の子からのインコール、アウトコー...
タイトルとURLをコピーしました