第2部:栄シップブリッジ

第2部:栄シップブリッジ

ep27:面接していただいているにもかかわらずビジネスの提案をしてしまう船橋

某駅から5分ほど歩くと、オートロックの小洒落たマンションについた。 そこの最上階の部屋がこの会社のオフィスらしい。 部屋に入ると、パーテーションで仕切られた小部屋があり、そこに通された。 さぁ、大の得意である面接の始まりだ...
第2部:栄シップブリッジ

ep26:そうだ、スカウトをしよう。-第2部始動-

船橋は暇が苦手だ。 暇な日々を過ごしながら、僕は何をしようかと考えた。 今の自分が一番金を稼げるのは何か。 キャストの供給に目をつけた。 僕はセクキャバ時代、完全にキャストをコントロールしてきた自信がある。 キ...
タイトルとURLをコピーしました